知財関連のお知らせ Information

知財関連のお知らせ

知財学習プログラム報告セミナー
障害者アートと知的財産権(2020年2月21日開催)

 アート活動や商品開発の現場では、日々さまざまな表現や技術、手法が生み出されます。知的財産権はそれらを守る重要な権利であり、アーティストやクリエイター、企業、行政、プロデュースする中間支援者など、さまざまな立場の人にかかわるものです。しかし、その内容や保護方法は多様かつ複雑です。そこでたんぽぽの家はセミナーやアナログゲームなどをとおし知財について学び合う場をつくってきました。
 本セミナーでは、教育分野やクリエイティブ産業などの最新事例のトークやゲーム体験をとおして、これからの知財のいかし方を学び合います。

日 程 2020年2月21日(金)17時~20時
会 場 TIME SHARING秋葉原
(秋葉原駅「電気街南口」より徒歩2分。万世橋警察署の向かい側)
https://goo.gl/maps/TK76xRqHgqff4bBc8
共 催 文化庁
一般財団法人たんぽぽの家
講 師 塩瀬隆之氏(京都大学総合博物館准教授)
水野 祐氏(弁護士/シティライツ法律事務所)
仁科雅弘氏(特許庁審査第一部調整課審査推進室長)
朝倉由希氏(文化庁地域文化創生本部総括・政策研究グループ 研究官)
参加費 1,000円
※お一人様1冊ずつ、知財学習のためのハンドブックを贈呈
参加申込 プログラム詳細・参加お申込み方法はこちらをご覧ください。
https://tanpoponoye.org/news/general/2020/01/57069892/

知財関連のお知らせ

【入会のご案内】会員のメリット、法人/個人会員のお申込み