知財関連のお知らせ Information

知財関連のお知らせ

輸出管理DAY for ACADEMIA2019~大学輸出管理ー現場の視点からー
(3月20日開催)のご案内

 大学・研究機関等における輸出管理は、平成22年の輸出者等遵守基準を定める省令の施行がなされた後も、各機関がそれぞれの環境に照らして検討し、場合によっては手探りで実施されている状態であることは否めません。そこで、大学・研究機関等に所属する実務者が中心となって、関係する政府機関、産業界の輸出管理関係者に呼び掛けを行い、大学輸出管理に関する実務知識の普及を図り多く意見を吸い上げ、さらには輸出管理業務に対する大学関係者の意識の向上をはかることを目的に、これまで6回の「輸出管理DAY for ACADEMIA」の年次大会(以下、「EFA大会」といいます。)を実施してまいりました。
 EFA大会は、大学等で輸出管理に関わる人たちを中心としたコミュニティ形成に大いに資するとともに、大学での輸出管理業務の問題の共有化、輸出管理に関する意識啓発、輸出管理業務の質の向上に意義あるイベントであり、今後も継続して取り組むことの必要性も、参加された皆様を中心にご理解いただいているところです。
 平成31年3月20日(水)に開催する「輸出管理DAY for ACADEMIA 2019(EFA2019)」におきましても、関係各機関にご協力をいただくことで、これまでと同様に本大会が意義深いものになると考えております。
 ご案内の通り、国際社会情勢の急激な変化を受け、大学の社会的役割の変容とともに大学が輸出管理に取り組む意義も変わり続けており、大学の規模や実情等に応じて、より適切な安全保障輸出管理の実施が求められています。そこでEFA2019では、「大学輸出管理―現場の視点から―」をテーマに“留学生管理”と”基礎科学研究“を取り上げて開催します。”留学生管理“については、大学の規模や実情に応じて、何を何処までやればよいのか、具体的な大学での事例をベースにパネル討論をおこないます。また、”基礎科学研究“では、基礎科学研究に係る除外規定に関して実務的にはどのような運用が好ましいと思われるか、実際の事例を交えながら紹介する予定でおります。本大会の開催を通じて、大学・研究機関等における輸出管理体制がより適切に実施されることを目指しております。

日 時 2019年3月20日(水)13時~17時20分(予定)
会 場 芝浦工業大学 豊洲キャンパス【交流棟】 5階501教室
(東京都江東区豊洲3-7-5)
http://www.shibaura-it.ac.jp/access/toyosu.html
主 催 輸出管理デー・フォー・アカデミア実行委員会
共 催 芝浦工業大学、九州大学
プログラム ●主催者挨拶
 伊藤正実氏(輸出管理DAY for ACADEMIA 2019 実行委員会委員長)
●共催団体挨拶
 村上雅人氏(芝浦工業大学学長)
●来賓挨拶
 文部科学省、経済産業省

●パネル討論
「留学生管理」
 オーガナイザー 河合孝尚氏(長崎大学)

「基礎科学研究に係る除外規定」
 オーガナイザー 中田修二氏(筑波大学)

●閉会宣言
 大林明彦(輸出管理DAY for ACADEMIA 2019 実行委員会副委員長)

●交流会
参加費 無料 (交流会:3,000円)
参加申込
お問い合わせ
こちらをご覧ください。
https://kokucheese.com/event/index/544310/

知財関連のお知らせ

【入会のご案内】会員のメリット、法人/個人会員のお申込み