知財関連のお知らせ Information

知財関連のお知らせ

輸出管理DAY for ACADEMIA2018~大学輸出管理のいま、そして未来へ~
(2月27日開催)のご案内

 これまでの輸出管理DAY for ACADEMIA年次大会は、大学等が輸出管理に対していかに取り組むべきかをテーマに討議を行い、大学輸出管理の啓発に大きく貢献してきました。さらに大学が安全保障輸出管理に主体的かつより適切に取り組むためには、近年急速に変化する国際情勢の周辺環境要因についても理解することも必要です。
 そこで今大会では、「大学輸出管理のいま、そして未来へ」をテーマに、各大学における輸出管理業務の実務上の課題を共有したうえで(チュートリアル・セッション)、大学における安全保障問題についてディスカッションを行います(パネル1)。また大学等の輸出管理業務を促進するための有用なツールとして経済産業省のアドバイザー派遣事業や地域大学ネットワークの取り組みを紹介し、大学地域ネットワークの担当者間で大学輸出管理のさらなる展開について意見を共有する場を設けます(パネル2)。
 大学等の輸出管理実務者の皆様を対象に、各自の輸出管理業務の質の向上を目指すための有益な情報を習得できる場を提供します。
 皆様のご参加をお待ちしております。

日 時 2018年2月27日(火)10時~17時15分(予定)
会 場 芝浦工業大学 豊洲キャンパス【交流棟】 6階大講義室
(東京都江東区豊洲3-7-5)
http://www.shibaura-it.ac.jp/access/toyosu.html
主 催 輸出管理デー・フォー・アカデミア実行委員会
共 催 芝浦工業大学、九州大学
後 援
(予定)
日本安全保障貿易学会(JAIST)、
日本知財学会(IPAJ)、大学技術移転協議会(UNITT)
日本技術士会、日刊工業新聞社
プログラム ●チュートリアル・セッション 「大学輸出管理のテクニック」
<報告者>
蔭山 有生(民間企業・安全保障輸出管理担当)
<パネラー>
徳島大学、長崎大学、九州大学、日立GEニュークリア・エナジー

●主催者挨拶
佐藤 弘基(九州大学/輸出管理DAYforACADEMIA2018 実行委員会委員長)
●共催者挨拶
村上 雅人(芝浦工業大学 学長)

●講演
関係省庁担当者

●パネルディスカッション1「日本の安全保障と大学への期待(仮)」
<モデレーター>
伊藤 正実(群馬大学)
<コメンテーター>
パメラ・K・ダーラム(米国国務省国際安全保障・拡散防止局 ミサイル、生物、化学拡散防止部 部長)
<パネラー>
政府・大学関係者

●パネルディスカッション2「大学の輸出管理の新たな展開ーアドバイザー派遣 事業と地域大学ネットワークについて語り合うー」
<モデレーター>
中田 修二  
<パネラー>
立命館大学、徳島大学、香川大学、横浜国立大学、北海道大学

●閉会宣言

●情報交換会
「豊洲の夕辺」芝浦工業大学 豊洲キャンパス 交流棟3F カフェテリア
参加費 2,000円 (懇親会参加費は別途3,000円)
参加申込
お問い合わせ
こちらをご覧ください。
http://kokucheese.com/event/index/498470/

知財関連のお知らせ

【入会のご案内】会員のメリット、法人/個人会員のお申込み